家計簿のつけ方で悩んでいる人は必見!簡単に長続きでさせる家計簿のつけ方のコツ!

家計簿のつけ方で悩んでいる人は必見!簡単に長続きでさせる家計簿のつけ方のコツ!

家計簿のつけ方はたくさんあります。自分にあった家計の管理方法によって、どういった特徴がある家計簿を使うのかしっかり考えておかなければなりません。多くの場合は適当に決めてしまったために、自分のやりたい方法に合わなくて長続きできないのです。ここでは家計簿のつけ方を基本的な考え方から紹介します、そのうえで自分の性格にピッタリのつけ方を見つけらえるように様々な方法を紹介していきます。

記事を読む

看護師長を目指すなら知っておきたい役割や仕事、年収や求人探しのコツ

看護師長を目指すなら知っておきたい役割や仕事、年収や求人探しのコツ

看護の道を進んでいくうえで、自分の求めるキャリアプランは持っていますか?たとえば専門看護師や認定看護師を取得したり、転職をしたり、中には管理職として看護師長を目指すこともあります。ここでは管理職の中でも人気の高い看護師長についてどういった仕事内容なのか。またどういった人が向ているのか。年収や求人の探し方までわかりやすくまとめてみました。是非ご覧ください。

記事を読む

【家事ができない!】子どもが後追いする原因や対処法、後追い時期に注意すること

【家事ができない!】子どもが後追いする原因や対処法、後追い時期に注意すること

子どもが生まれると、今までとは360度時間の使い方が変わってきますよね。中でも仕事や家事といった今までやってきたことが普通にできなくなる変化は非常にストレスがたまります。今回は中でも子どもの後追いが原因で全く家事が手につかない場合の考え方や対処法を先輩ママの体験談をもとに紹介していきます。

記事を読む

産後の体質はこう変わる!産後元気なママになるためのケアとは?

産後の体質はこう変わる!産後元気なママになるためのケアとは?

産後、体質が変化してアレルギーを持つようになったり、太りやすくなったという話は結構あります。ホルモンバランスがかなり変化するこのタイミングで体質が変わらないことの方が奇跡といえるくらいです。具体的どういった変化に気を付けるべきなのか?また具体的なケアの考え方や方法を具体的に紹介していきます。

記事を読む

子供の習い事は何歳から始める?人気の習い事ランキングと費用を大公開!

子供の習い事は何歳から始める?人気の習い事ランキングと費用を大公開!

自分の子供に、将来幸せになってもらいたいという願いを込めて“子供の可能性”を引き出してあげたいと思って幼い頃から習い事をさせるというママが多...

記事を読む

【看護師さん向け履歴書の書き方】~志望動機・職歴などのポイントも!~

【看護師さん向け履歴書の書き方】~志望動機・職歴などのポイントも!~

看護師さんの転職、就職の多くはほとんどエスカレーター的に決まる事が多く、履歴書や職務経歴書といった書類の作成についてあまり知らない状態でも就職できる業界ではあります。しかし、自分が求めるキャリアを歩むために少しだけ挑戦が必要な転職活動をする時にはどうしてもこういった就職関連書類の作成能力も必要になってきます。ここでは看護師さん向けに履歴書の書き方を整理してみました。是非活用してみてください。

記事を読む

准看護士求人|自分に合う求人や今後のキャリアに役立つ職場の見つけた

准看護士求人|自分に合う求人や今後のキャリアに役立つ職場の見つけた

准看護師としてキャリアを積んでいきたいと考えているすべての人へ。これから看護の世界でどういキャリアを積んでいけばいいのかを色々な例を紹介しながら説明しています。是非自分の道にあった方法を見つけてください。

記事を読む

看護助手求人、自分に合った最高の職場を見つけるコツ

看護助手求人、自分に合った最高の職場を見つけるコツ

看護助手の仕事を知りたい。どういった求人があるのか探したい。自分にあった職場やキャリアの考え方を知りたい。そんな看護助手を目指すすべての人に自分のキャリアにあった職場に就職するための考え方や行動のポイントを紹介しています。

記事を読む

エンゼルケアの基礎知識や目的、必要物品、方法・手順、注意点

エンゼルケアの基礎知識や目的、必要物品、方法・手順、注意点

看護の世界にいると必ず経験するのが、最期の場面。最期のケアであるエンゼルケアの技術は患者への敬意だけではなく、家族への労わりでもあります。看護の道を歩むならできるようになっておきたいエンゼルケア。具体的な考え方や手順についてまとめてみました。

記事を読む

一人あたりの子供にかかる教育費はいくら?徹底解説します!

一人あたりの子供にかかる教育費はいくら?徹底解説します!

子どもの将来のためにどれくらいのお金が必要なのか知っていますか?一般的には1000万と言われていますが、具体的にどういった内訳なのかまでわかる人はあまりいません。そこで私立、公立それぞれのメリットデメリットや費用の面などを整理しながら自分の子供にはどれくらいの費用を用意しておけばいいのかイメージできるように紹介していきます。

記事を読む