職場の人間関係で悩んだ時に自分にとって最善の行動をとるコツ

職場の人間関係がうまくいかず、悩んだことがありませんか?

中にはストレスを抱えるあまり、退職を考えている人もいるのではないでしょうか。

仕事をする上で仕事の人間関係を良好に保つことは非常に大切なことです。

人間関係が良好であればモチベーションが上がりますし、チーム一丸となって良いものを作り出すことができます。

逆に人間関係が悪ければモチベーションが下がり仕事でミスが増えるなど悪影響を及ぼしかねません。

では、具体的にはどうすれば良好な人間関係を築けるのでしょうか。

今回は仕事の人間関係を良好に保つ方法や改善方法をご紹介していきます。

目次

1.人間関係ストレス度チェック

ストレスチェックを試す

ストレスを溜め込むと心の病気や免疫力の低下に繋がります。

自分のストレス状態を知り、適切な対処を行うことはとても重要です。

まずは、今現在の自分のストレス状況がどういった塩梅なのかをチェックしてみましょう。

時間が許すようでしたら、以下に紹介しているサイトを複数試してみることをお勧めします。

ストレスケア・コム

人間関係に悩んでいる、どうもイライラする人におすすめです。
全国約120万人のデータをもとにストレス度を判定してくれます。

こころの耳
厚生労働省の関連サイトの「こころの耳」というサイトにあるストレスチェックです。
職場に関する悩みを抱えている人向けです。

Doctors Me
20問なので比較的すぐに終わります。
ストレスによって起こりうる病気についても解説しています。

2.人間関係を良好に保つために意識しておくべき10個のコツ

2-1.笑顔で挨拶

挨拶しているところ

人と人とを結ぶコミュニケーションの第一歩は挨拶です。

挨拶をする上で笑顔は基本ですが、大切な事は自分から積極的に挨拶をする事、そしてそれを継続する事です。

明るい笑顔で挨拶をされて気を悪くする人はいません。

挨拶は最低限の礼儀でもありますので、社会人としてきちんとした挨拶ができるようにしましょう。

2-2.飲み会などの会社行事には積極的に参加する

ビールで乾杯している

仕事の後の食事会や飲み会などは職場の人間関係をつくるためには大切な場です。

素直に親睦を深める事は、良い職場の人間関係をつくる近道です。

特にお酒が入った席では、普段見る事のできない職場の人々の姿を見る事ができるかもしれません。

面倒に思う人も、職場の人々の本音や仕事中には見えない人柄を知る事ができる機会だと考えてみましょう。

2-3.陰口を言わない

悪口を言っているところ

周囲の人が別の誰かについて悪口や陰口を言っているところに遭遇することがあります。

しかし、職場の人間関係を円滑にするためには、同じ職場の人に対する否定的な意見は絶対に言葉にしないようにしましょう。

他人の悪口や陰口を周囲に広言する人は、いずれ孤立していきます。

職場の人間関係を良く保つためには、悪口や陰口に対しても同調はせず、角が立たないようやんわりと流すようにしましょう。

2-4.謙虚さと、尊敬と感謝の心を持つ

人と接する際には、謙虚さと、尊敬、感謝の心を持って接するようにしましょう。

上から見下ろすようなものの言い方や傲慢な態度は相手を不愉快にさせ、良い印象を持ってはもらえません。

自分がどんな立場であったとしても、謙虚さを忘れず、相手に尊敬の念を持って接することが、良好な人間関係を築くためとても大事なことです。

2-5.感情的にならない

猫が怒っている

人間だれしも感情があり、感情的になることが大きな原動力となり良いはたらきをすることもあります。

しかし怒りや苛立ちなどの感情に支配された言動は、相手を傷つけてしまう場合があります。

感情に任せた物の言い方をすると相手も感情をぶつけてきて、人間関係を崩す可能性が高まります。

また人間関係だけでなく、これまで積み上げてきた仕事上の評価や信頼まで失くしてしまうこともあるため、高ぶる感情を抑えて、理性的な言動をとるように心がけましょう。

2-6.感謝の言葉は忘れずに

感謝の気持ちを持ち、積極的に言葉にして、相手に伝えましょう。 

仕事を円滑に進めていくためには、お互いの信用が必要不可欠であり、感謝の言葉を声に出して伝えることは、お互いの信頼関係に繋がります。

周りのフォローがあるからこそ、スムーズに業務をこなすことができるということを忘れず、積極的にありがとうと伝えましょう。

2-7.人の意見を聞き入れる姿勢を持つ

自分とは違う考え方を、受け止めることもせず却下されては、誰でも相談や意見をしたくはなくなります。

良好な人間関係は、お互いの意見を受け入れて初めて成り立つものです。

また、様々な意見を取り入れることは、視野を広げるとこになり、自分自身にも良い影響をもたらします。

自分の考えとは相反する意見でも、まずは受け止めてかみ砕いてみることが大切です。

2-8.他人と自分を比較しない

人は他人と自分を比べたがる生き物です。

優秀な人を意識し、自分の成長の糧にできるのであればいいですが、自分と他人を比較して劣等感や優越感を感じたり、嫉妬したりすることは時間も労力も無駄にしています。

他人と比較する事はせず、自分がやるべき事を見据えて行動することが充実した人生や良好な人間関係に繋がります。

自分と他人の関係でバチバチしている

2-9.「他人を変える」という考え方をやめる

自分自身は変える事ができますが、他人を変える事は極めて困難です。

価値観は十人十色で人それぞれ異なります。

他人の価値観を否定し、むりやり変えようとする事はあなたの価値観の「押し付け」であり、結果的に人間関係を壊す事につながります。

他人を変えようとするより自分自身を変えるほうがずっと効率がいいのではないでしょうか。

2-10.相手を褒める


人はほめられると、「この人から認めてもらえた」と感じ、喜びや安らぎと同時に、信頼関係が出来上がります。

人をほめることは人間関係をスムーズにするためにとても大切です。

また、人をほめるためには、相手をしっかり観察する必要があり、自然と観察力が身に付きます。

人をほめることで観察力が身に付き、仕事力を高めることにもつながるのです。

よしよしと頭をなでている

3.絡まった職場の人間関係を楽にする10個の知恵

3-1.がまんするのも給料のうち

イライラを我慢している

仕事自体に大きな不満はなくても、人間関係がうまくいかず、悩んでいる人は少なくありません。

そんなときは意識の持ち方を変えてみましょう。

「ガマンすることで給料をもらっている」と意識すれば、「嫌な人間関係も仕事のうち」と切り替えることができ、少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか。

3-2.「つきあいの悪い人」というレッテルを貼られるようにする

社内のリクリエーションや飲み会などのつきあいに参加することを面倒だと感じている人は多いのではないでしょうか。

断りきれず参加していたのでは、その不満は解消できません。

ですから、一層のこと、つきあいをパスして、「つきあいが悪い人」というレッテルを貼ってもらうようにするのです。

「つきあいが悪い」と思われれば、誘われることが減り、参加しなくてもいつものことだと流してもらえるようになるでしょう。

3-3.上司に相談する

上司に相談する

自分ではどうしようもなくなったときは、身近な上司に相談してみましょう。

問題を客観的に見てもらうことで、全体的に改善することもあります。

また、悩みの深刻度によっては、休職や部署異動などの対応も考えてくれるかもしれません。

3-4.自分の仕事に専念する

仕事に集中しているところ

人間関係がうまくいっていないとどうしてもそのことばかりに気を取られてしまいがちですが、職場というのは仕事をする場であって、人間関係はあくまでも二義的なものです。

人間関係のことはとりあえず意識の外に置いて、自分の仕事に専念することを心がけましょう。

仕事ができる人は、職場にとって欠くことのできない大切な人材です

スキルアップして、そういう存在になれれば、人間関係を気にすることなく、日々の仕事を続けていくことができるのではないでしょうか。

3-5.誰にでもいい人でいようとしない

みんなにとってのいい人でいようとすると、周りの顔色を窺って自分の意見を抑えるようになり、最終的には自分の本心を誰にも言えなくなってしまいます。

みんなから好かれたい、いい人と思われたいという気持ちは誰にでもありますが、人に合わせすぎると自分自身が疲れてしまいます。

また自分の意見を発信しないでいると自分がない・都合のいい人と思われてしまう可能性もあります。

他人の目や考えに左右されない「軸」を見つけることも大切です。

3-6.好き嫌いの判断をしない

相手を良しあしで判断している

人に対して、いちいち好き嫌いの判断をしていると人間関係でのトラブルが多くなったり、孤立してしまったり、狭くて閉鎖的な人間関係しか築けなくなってしまいます。

好き嫌いの感情はある程度やむを得ませんが、人の多様性を楽しむゆとりがある方が人間関係がとても楽に感じられます。

3-7.上手く付き合えなかったらしょうがないと素直に諦める

自分と関わりのある人全員と上手く付き合うことは不可能です。

すべての人と上手くいくように自分の気持ちを抑えて相手に合わせたり、どうしようと悩んでいてもキリがありません。

ある程度歩み寄って、それでもダメなら諦めましょう。

3-8.程よい距離感を保つようにする

気の合わない相手にはあまり深入りしないようにしましょう。

プライベートの話は極力避け、差支えない何気ない話だけに留め、個人的に仲良くなりすぎないようにしましょう。

無理して話を合わせていると、気に入られてしまい、誘いが増えストレスになることもあります。

合わない人とは程よい距離感を保つようにしましょう。

3-9.家族や友人に悩みを聞いてもらう

ストレスを溜め込まないためには家族や友達に相談し、適度に吐き出すようにしましょう。ただし、気をつけなければならないのは同僚には相談しないことです。

職場の人間関係に関する相談は上司や同僚への不満がほとんどで、同僚に言ってしまうと知らないうちに周囲に知られてしまう可能性があります。

職場の人間関係の悩みについて相談する時は仕事とは関係のない友人や身内である家族を頼るようにしましょう。

3-10.転職を視野に入れておく

プロに転職相談をしているところ

相談したり、考え方を変えてみても、一向に改善が見られない場合は転職でリセットするのもいいでしょう。

多くの人がこの部分を忘れ、この仕事を続けなくてはならないと自分で自分を追い込んでしまっています。

無理をした結果、心身を病んでしまっては元も子もありません。

今は転職市場が活発化しており、とても転職しやすい状態です。

いつでも辞めていいと思っていると、多少嫌なことがあっても嫌われてもそれほど気にならなくなります。

自分にとっての逃げ道を作っておくというのはとても大切なことです。

4.転職を考えている人がやるべき10個のこと

4-1. 身近な人に相談する

一人で悩み、退職を決めてしまう前に誰かに相談するようにしましょう。

一人で考え、悩んでいるとどうしても感情的になり、冷静な判断ができなくなります。

誰かに話すことで、ストレスが軽減したり、解決策が見つかることもあります。

信頼できる第三者の意見を聞き、気持ちを整理してみましょう。

いろんな意見を聞くことで、「辞める」以外の選択肢が見つかるかもしれません。

4-2. 自分の考え方を変える

関わる人全てに好かれることが現実的ではないように全ての人を平等に好きになるは無理な話です。

仕事では友人関係と違い、価値観の合わない人とも付き合わなければなりません。

価値観が合わない人に対し、無理に合わせようとしているのですから、疲れてしまうのも仕方がありません。

好きになれないものは仕方ないと時には割り切ってしまうことも必要です。

陰口や嫌がらせをされている場合は、「自分に能力があるから嫉妬しているんだ」とポジティブに考え、気持ちを楽にしてしまうのもいいかもしれません。

ストレスをためないように考え方や接し方を変えてみましょう。

4-3. 人事部など、公正な第三者に相談する

人事などに相談している

退職を考える前に、社内の人事部などに相談してみましょう。

部署やプロジェクトを変えるなど、職場を変えなくても人間関係を一新できる方法が見つかる可能性もあります。

4-4.どの会社でも自分に合わない人がいることを受け止める

人間関係がもめていると、モチベーションがあがらず、仕事に影響してしまうこともありますよね。

ただ、人間関係が全てうまくいっている会社は無いと言っても過言ではありません。

どの会社にも「合わない人はいる」という現実を受け止めることも必要です。

他社で働いている人の話を聞き、自分の職場だけが抱える問題ではないということを知れば、気持ちもラクになるかもしれません。

4-5.問題点を明確化する

転職して新しい場所で一から人間関係を始めるにしても、まずは現状を客観的に判断することが必要です。

退社を考え始めると、感情的になり冷静な判断ができなくなりがちです。

自分が今何を嫌に感じていてどういったことが許せないのかを紙に書き出すなどして明確化しましょう。

自分の能力を評価してもらえないのであれば、成果主義を重視する会社、女性への理解が無いのであれば女性が活躍している会社など、問題点を明確にすることは転職先を選ぶ際にとても役立ちます。

4-6.自分の態度を思い返してみる

自分の行動を思い返してみる

なぜ人間関係がうまくいかないのかを冷静になって自分に対して問いかけてみると、様々なことが見えてくるかもしれません。

自分の態度が原因で相手が嫌な対応をしてきたのかもしれない、自分が言った言葉が相手を傷つけてしまったかもしれないなど、人間関係がうまくいかない要因が自分であるかもしれません。

自分の態度を振り返り、変えてみると、人間関係が改善することもあります。

4-7.転職先の企業情報を細かく収集する

転職する場合には、失敗を繰り返さないように転職先の社風や社員の様子など細かな情報収集を行うことが大切です。

可能であれば職場見学をお願いしましょう。

また、直接は聞きにくいことも多いので、転職エージェントを利用して第三者から情報を得られるようにしましょう。

4-8.退職する時は円満に

退職届

最終的に「退職する」という決断を下すとしても、円満退職を心がけましょう。

多忙な時期に突然退職したり、引き継ぎが中途半端だったりすると、あなたに対して自分勝手、責任感が無いなど良くない印象が残ってしまいます。

辞めるから問題ないと思いがちですが、退職後に以前の職場の人とたまたま顔を合わせたり、どこからか新しい職場や取引先に自分の情報が伝わってしまったりとどこでどうつながっているか分からないものです。

後々のことも考えて、できるだけ円満な関係を築いておきましょう。

4-9.「女性の多い職場」は気をつける

女性で転職を考えている人は、女性の多い職場は人間関係でもめていることが多いということを念頭に置いておきましょう。

女性は単独よりもグループを好みます。

そのグループにうまく入り込むことができれば問題ありませんが、前職を人間関係が理由で辞めている人はコミュニケーションが苦手な方が多い傾向にあります。

女性が多い職場は女性が働きやすい環境が整っているかもしれませんが、人間関係の構築に不安のある人は、あえて女性の比率が低い職場を選択するのもいいかもしれません。

4-10.退職、転職理由を考える

前職の退職理由は転職活動の面接時にほぼ必ず聞かれます。

職場の人間関係を理由に転職活動をしていたとしても、面接ではそのことを言うべきではありません。

キャリアアップやキャリアチェンジなど、仕事に関わる転職理由が必要になります。

今まで学んだスキルや経験などをピックアップし、それを絡めた転職理由を考えましょう。

履歴書を書いているところ

さいごに

今の仕事がどんなに収入がよく、やりがいがあっても、人間関係でストレスを溜めてしまい、体調を崩すようなことになってしまっては元も子もありません。

思い切って環境を変えるために転職をするのも一つの手でしょう。

ただ、転職先の会社で人間関係が上手くいくとは限りません。

まずは一旦立ち止まって冷静になり、なぜ辞めたいのか、転職することがベストな答えなのか、じっくり考えることが大切です。

辞めたい原因や、解決策などを突き詰めて考えていけば次のステップへと進む「前向きなビジョン」を持てるようになるはずです。

いきなり転職と結論付ける前に、できる手立てがないかよく考えた上で、一歩進むと良いでしょう。