女性に嬉しい!産休・育休の取得実績がある看護師求人勤務先別ランキング

結婚後も働きやすい看護師求人

看護師として結婚や出産後も働き続けるうえで大事なものとして産休や育休などの育児に関する支援制度が充実していることと、育児が一段落した後も復職しやすい職場環境かどうかという点です。

看護師求人では、収入面や取得できる休日数などに目が奪われがちですが、長期間看護師を続けるのであれば、福利厚生もしっかり確認しておいたほうよいです。

看護師求人で確認しておいた方が良い点としては、働いている看護師の年齢層や平均勤続年数です。看護師の年齢層が独身が多い20代の若い年代と50代の子育てが終わった世代が占めている場合は、注意が必要です。

また、平均勤続年数が3年から5年程度ぐらいしかない場合も、産休や育休の制度があまり整っていないことが考えられます。一番産休や育休を取得する率が高い30代の看護師の割合が多い病院がおすすめです。

求人を探すときは産休取得実績が高いかどうかを調べておいた方がよいです。勤務先としては、大学病院や大手の総合病院が産休や育休実績が高い傾向があります。

また、給料も小規模な病院や一般病院に勤務している看護師よりも平均年収が高い傾向があり、看護師求人転職サイトでも人気があります。

産休がとりやすい看護師求人の診療科目

休日が取得しやすい看護師の職場としては、大学病院や大手の総合病院がおすすめですが、診療科目によっても産休や育休が取得しやすいところがあります。その一つとしては、透析センターがあります。

透析センターでは完全予約制になっているため、スケジュールが組みやすいため残業も少ないです。一般病棟とは雰囲気が違うため、慣れるまでは時間がかかりますが、操作を覚えたら自分のペースで業務を行える利点があります。

対応する患者さんとはなじみになることも多く、コミュニケーション力が一般病棟以上に必要となります。透析センター以外では、急変する患者さんが少ない比較的安定した症状の人が多く入院している療養病棟も産休や育休が取得しやすい傾向があります。

残業も少ないため、育児が一段落したブランク明けの看護師が復職しやすいというメリットもあります。一般企業の医務室勤務の産業看護師も長く働き続けやすい環境が整っています。

一般企業勤務の場合は、病棟勤務とは違い夜勤勤務もなく、会社員と同様に正月などの長期休暇も取得できるため人気があります。また、刑務所の医務室勤務の場合は、公務員と扱いが同じになるため、出産後も復職しやすいです。

復職しやすい看護師求人について

結婚している看護師の場合は、配偶者の転勤等でやむおえず福利厚生が充実している職場を退職しないといけないケースもあります。その場合、育児が一段落してから復職するときには、復職支援サービスが充実している職場を探すのがおすすめです。

看護師求人転職サイトの中には、長期間のブランクがある看護師向けの復職支援制度が整っている病院の求人を扱っているところもあります。

復職支援制度は、入職前に採血や点滴などの看護スキルの研修を行なったり、業務内容に慣れるまでは簡単な業務を担当させるなどのブランクのある人に対しての配慮がされています。

フルタイム勤務が難しい場合には、週に1回程度の勤務から始められる求人もあります。看護師求人の単発バイトの時給は、ほかの事務職や販売職に比べると平均時給単価が高い傾向があります。

業務内容や派遣会社によって異なりますが、平均時給が1500円で、高いものであれば2000円以上の案件もあります。具体的な内容としては、訪問入浴や健診バイト、修学旅行などの団体ツアーに同行するツアーナースなどがあります。

単発バイトは、バイタルチェックなどの初歩的な医療スキルがあれば勤務できる内容が多いです。