休みもしっかり欲しい!4週8休以上の看護師求人勤務先別ランキング

4週8休の看護師求人を探すポイント

常に人の命に関わる仕事を行っている看護師は、ほかの職種に比べると責任や精神的なプレッシャー、夜勤勤務などの不規則な労働勤務など過酷な仕事です。

そのため、仕事で疲弊した身体をゆっくり休めることができる休日がどれだけ取得できるかは長く働くうえで年収以上に重要な項目です。

看護師求人には、収入は高く設定されていても、休日が少なかったり、有給が取得しづらい職場もあります。

看護師求人では、4週8休以上休日がとれる案件を探すのがポイントです。4週8休は月に8日休みが設けられていることをさします。

しかし、実際勤務するときは4週8休以外の有給取得や年末年始などの長期休暇なども取得できるかどうかも大事なポイントです。年間休日が120日以上あることを確認しておいたほうよいです。

家庭をもっている看護師の場合は、年間休日が130日以上あるところがおすすめです。休日をしっかり取得できる好条件な看護師求人を探すのであれば、看護師求人に特化している転職サイトに登録して、非公開求人をチェックするのがおすすめです。

年休120日以上休みがある病院はどこ?看護師求人勤務先別ランキング
年休120日以上休みがある病院はどこ?看護師求人勤務先別ランキング
看護師求人で年休120日以上のところを探す 企業に勤務している場合、土日祝日が休みであれば120日前後ぐらいが年間休日日数になります。...

転職サイトにしか公開されていない求人には、収入面や福利厚生などが充実している案件が多数あります。

休日が多い看護師の職場について

看護師求人で、4週8休以上休みが取得できる職場としては大学病院や大手の総合病院勤務がおすすめです。大学病院や総合病院では、給料面でもほかの小規模な病院勤務看護師よりも高く設定されているため人気があります。

産休や育休などの福利厚生も充実しているため、離職率が低く、スタッフも十分揃っていることもあり、休日が取得しやすいです。病院によっては、4週10休のところもあります。

病院以外で休日が多い職場としては、一般企業や学校の医務室で勤務する看護師求人も休みが充実しています。

一般企業の医務室の勤務の場合は、社員の健康状態を管理したり、簡単なケアを行うため、社員が休みである土日祝日は休日になります。

また、一般企業の場合は、夕方までの勤務のため夜勤勤務もなく平日の昼間だけの勤務になります。

一流企業の場合は、お盆やお正月、ゴールデンウイークなどの長期休暇も社員と同様に取得できますので、看護師の間でも人気がある求人です。

それ以外では、求人数は少なくまだまだ認知度が低い案件ですが、刑務所の医務室勤務も休みが多い案件です。刑務所の医務室勤務の場合は、公務員と同じ扱いになるため、休日もしっかり取得できます。

ブラック求人も見抜くコツについて

看護師求人の中には、看護師の使い捨てや休日を満足に取得できない劣悪な労働環境の医療施設もあります。

そのようなブラック求人を見抜くには、いくつかコツがあります。まず、看護師以外の職種でも共通していることですが、常に求人募集がある病院は避けた方がよいです。

求人が頻繁にあるということは、離職率が高く、看護師が定着しない労働環境である可能性が高いからです。

そのため、転職活動を行うときには、複数の転職サイトに登録して、いろんな場所で求人を行っていないかどうか確認しておいたほうよいです。

好条件な案件の場合は、あまり一般公開せず、限られた転職サイトで非公開求人の形で募集することが多いからです。

また、応募する前に事前に病院に見学して、実際に働いている看護師たちの雰囲気を見ておくのもブラック病院を見抜く方法になります。

応募前に見学ができるサービスがある転職サイトもありますので、それを利用するのもおすすめです。

看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師さんの多くは仕事やプライベートの事情によって、数回転職をするケースが一般的と言われています。さらに今は看護師さんが絶対的に足らない時代と言われていますから、今よりも好条件の職場へ転職しようと思ったそれなりに可能な状況でもあります。しかし、そういった状況だからこそしっかり自分のキャリアを考えてから動かないと、転職してから自分の求めている環境ではなかったと後悔することになりかねません。そこでせっかく転職するならちゃんと自分の求める環境へ転職するためのコツを覚えてから動けるように必要な情報を整理してみました。

そして、応募を検討している病院に働いている看護師の勤続年数が3年未満が多い場合は、あまり良い職場環境をいえないため、避けた方がよいです。看護師の年齢層が偏っている病院も避けた方がよいです。