緩和ケア病棟の看護師求人を探す3つのポイント

緩和ケア病棟の看護師求人のポイント①メリット

 

緩和ケア病棟とはがん患者の体の痛みや体の不快な症状を緩和するだけでなく、精神的なケアも行う病棟です。基本的にはがんの治療は行わずに心身の苦痛を和らげるケアを行います。

緩和ケア病棟の看護師求人のメリットとして、一般的な病棟とは違い比較的ゆったりとした看護ができるだけでなく高い専門性を得ることができます。

ゆったりとした看護が出来るため患者一人一人にあった対応をすることができ、じっくりと向き合う事も出来るため心のケアも丁寧にする事ができます。

病棟なので夜勤はありますが、残業は比較的に少なく病院によっては日勤専従、夜勤専従を受け付けている場合もあるため規則正しく働く事ができます。

緩和ケア病棟で働く場合は緩和ケアの認定看護師が必要となる場合が多いため、認定看護師野資格を取る為のバックアップをしてくれる病院も増えてきています。

そのため、働きながら看護師としてスキルアップする場としての人気も上がってきています。近年の日本ではがん患者が増えてきているので、緩和ケアをする看護師の需要が増えてきており、将来的には在宅での緩和ケアを行う事が予想されます。その際は在宅勤務に切り替える事もできる職となるでしょう。

緩和ケア病棟の看護師求人のポイント②デメリット

 

緩和ケア病棟の看護師求人のデメリットとしては死と隣り合わせの職場なので精神的負担が大きいことです。緩和ケアとはがんの治療はせずにがんの痛みや体の負担を緩和していくため、最終的には亡くなってしまう患者さんが多い職場となります。

がん患者さんの苦痛や精神的な苦悩だけでなく、患者さんのご家族の方のケア、そして患者さんが亡くなった後のご家族のケア等を看護師が行うため、精神的な負担がとても大きくなります。

そのため、ある程度経験を積んで緩和ケアについて十分な知識を持った看護師に向いている職場と言えます。緩和ケアやターミナルケアについて知識を十分に持っていればそれほど悩む事はなくやりがいを感じられる職場となります。

このように、しっかりとした看護観を持ち、死を前に病気と闘う姿に尊敬の念を抱ける人でないと患者さんやご家族の方から信頼を得る事は難しいと言えます。

さらに何気ない一言や不用意な一言で患者やご家族の方を傷つけてしまう事もあり、そのことで看護師自身が悩んでしまう事があるため、タフな精神力が必要となります。緩和ケアは多職種によるチーム医療となるため、コミュニケーションが苦手な人もデメリットとなるでしょう。

緩和ケア病棟の看護師求人のポイント③注意点

 

緩和ケア病棟の看護師求人の注意点としては、死と身近な職場であるため精神的な負担が大きいという点です。緩和ケアは主にがん患者の苦痛を和らげる事を目的としているため、ターミナルケアや家族看護に関心のある人でないとさらに精神的な負担が大きくなります。

緩和ケアでは患者や家族と触れ合う事は重要な役割を担っています。患者のご家族は不安や苦しみ、大切な人との別れの悲しみに直面する事になるので、しっかりと緩和ケアに関する深い知識とスキルを持ち精神的なケアをする必要があります。

緩和ケアは病棟で行うため24時間でケアを行います。さらに緩和ケアはがん診療専門の医師、看護師、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカーなど多職種から構成されているチームで行うため人間関係の良い病院を選ぶことが大切です。

病院側もチームで患者を支援していくためチームワークが取れる人を採用したいと考えるため、チームワークが取れるという事に条件を重視していると考えられます。近年の日本ではがん患者が増えてきているのに加え高齢化も進んでいるため、高齢者医療についてや福祉にも関心がある看護師は採用される確率が高くなると考えられます。