訪問看護の看護師求人を探す4つのポイント

訪問看護の看護師求人とは

 

訪問看護というのは患者の自宅に訪問して看護をする仕事です。患者の自宅に訪問して行うので、患者との信頼関係をしっかりと築いて行うため責任の重い職種となります。

在宅で療養される患者にとっては看護師は命綱となるため責任を持ってしっかりと働ける人材が必要となります。

近年の日本では高齢化が進み病院へ通院できない患者が今後も増えてくると予想されているので訪問看護師は将来性の高い職場と言えます。

自宅での看護は患者とのマンツーマンで行われますが、地域包括ケアシステムでは医師やケアマネージャーなど多職種と連携を取りながら看護を行っていくためチームワークも求められます。

しかし、実際の看護は実質1人で業務を進めていくのでマイペースに看護をしたい人にとっては最適な仕事といえるでしょう。

基本的には1人で行う業務とい事をしっかりと認識して看護師求人を探す事がポイントとなります。担当の患者さんの自宅へは1人で行き看護を行うため、現場の判断は自分で行わなければいけません。

そのため、ある程度経験と知識を積んだ看護師が求められる職場となります。上記の注意点を踏まえたうえで看護師求人を探す事がポイントとなります。

訪問看護のメリットとデメリット

 

訪問看護に看護師求人をするメリットとして患者一人一人に寄り添って看護をする事ができるという点です。そのため看護師としてのやりがいや喜びが大きい仕事と言えるでしょう。

また、自分一人で対応するため職場内での人間関係から解放されるというメリットもあります。通常の病院や病棟とは違い、夜勤がなく週休二日制のところが多いためプライベートも充実させることが可能です。

一人で判断して適切な看護を行い、医師に変わって医療的なケアも行う為看護師としてのスキルも向上します。将来性の高い職種となるため、キャリアプラン次第では看護師の枠組みにとらわれない働きができる可能性もあります。

デメリットとしては休日や夜間のオンコールに対応しなければいけない事があります。どうしても人員不足でオンコールに対応しなければいけに場合があるためオンコール体制には事前に確認しておくことが必要となります。

また、患者や患者のご家族との人間関係がうまく築けないとストレスの大きい職場となります。慣れるまでは前の担当者と比較されてしまったり不満を言われる事もありますが、丁寧な対応と誠意を持て看護を行えば自然と信頼関係が生まれてくるでしょう。

訪問看護の看護師求人のポイント

 

【訪問看護ステーションを目指す】仕事内容、メリット&デメリット、求人の探し方まで
【訪問看護ステーションを目指す】仕事内容、メリット&デメリット、求人の探し方まで
訪問看護という働き方を考えたことはありますか? 専門のスキルを持った看護師が利用者さんの自宅を訪問し、その人に応じたケアとアドバイスを...

看護師求人で注意するポイントとしてあげられるのが患者の自宅へ訪問する際の交通手段です。電車で行くのが難しいお宅もあるため自動車での訪問が増えているため免許証が必要なところも多くあります。

患者の自宅へ行く手段は自動車の他にも公共交通機関もあるため、ガソリン代や交通費の支給について詳しく確認する必要があります。

訪問看護は基本は1人で訪問して看護を行うところが多いですが、中には2人1組になって看護を行うところもあります。1人でマイペースに看護をしたいという方は事前に1人で看護をするのか2人1組で行うのかを事前に調べておく必要があります。

2人1組で行う看護はストレスが溜まりやすいと感じる人もいれば、トラブルが合った時に2人で対応する事が出来る為安心という人もいるため、自分に合った職場を選びましょう。

また、看護ステーションの規模やシステムによって労働条件は大きく変わってきます。運営基盤がしっかりとしたステーションでないと労働条件が厳しかったり福利厚生が充実していない場合もあるため運営企業を事前に確認しておくことも重要となります。自分で探すのが難しい場合は上手に看護師求人サイトを活用しましょう。

看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師さんの多くは仕事やプライベートの事情によって、数回転職をするケースが一般的と言われています。さらに今は看護師さんが絶対的に足らない時代と言われていますから、今よりも好条件の職場へ転職しようと思ったそれなりに可能な状況でもあります。しかし、そういった状況だからこそしっかり自分のキャリアを考えてから動かないと、転職してから自分の求めている環境ではなかったと後悔することになりかねません。そこでせっかく転職するならちゃんと自分の求める環境へ転職するためのコツを覚えてから動けるように必要な情報を整理してみました。