管理職の看護師求人を探す4つのポイント

管理職の看護師求人を探す時のメリットとデメリットとは

 

看護師の管理職は大きな病院になるほどたくさんの人員が配置されます。管理職で働くメリットとしては高収入である事が挙げられます。

責任が重くなり仕事内容はハードになりますが、その分収入が増えやりがいも感じられる職種となります。普通の看護師とは違い管理する立場となるので看護師業務の他にあらゆるマネージメント業務も行います。

看護師長を目指すなら知っておきたい役割や仕事、年収や求人探しのコツ
看護師長を目指すなら知っておきたい役割や仕事、年収や求人探しのコツ
看護の道を進んでいくうえで、自分の求めるキャリアプランは持っていますか?たとえば専門看護師や認定看護師を取得したり、転職をしたり、中には管理職として看護師長を目指すこともあります。ここでは管理職の中でも人気の高い看護師長についてどういった仕事内容なのか。またどういった人が向ているのか。年収や求人の探し方までわかりやすくまとめてみました。是非ご覧ください。

経営者の立場から業務運営を考えながらより良い職場環境を作る事が業務内容となります。そのため、部下の長所を伸ばし、仕事の魅力を人に教える事が好きな人に向いている職種となります。

職場で指揮をとりながら看護業務も行うので管理スキルを高めながら看護業務の実力も上げることができるのも魅力の1つとなります。

これに対しデメリットとして挙げられるのは人間関係の難しさに耐えなければいけないという点です。

管理する立場なので病院側の視点に立った意見を言わないといけないのに対し現場の看護師は働きやすい職場環境を求めるので上と下との板挟みになる可能性があります。

時にはスタッフからの信頼が得られず、業務を円滑に進められなかったりまします。そのため人を束ねる事が苦手な人にとっては大きなストレスに感じてしまいます。

管理職の看護師求人を探す時のポイント

  

管理職の看護求人を探す時のポイントとしては応募資格を確認する事が重要となります。看護師を管理する立場にあるので高い看護師スキルを求められます。

そのため経験が重視される事が多く、勤務経験5年以上、看護師長経験者、主任経験者などの応募資格を有する事が多くなっています。

しかし、求人の中にはやる気があれば経験不問という病院もあるので、看護師求人を探す際は応募資格をしっかりと確認して自分に合った職場を探す事が求人を探すうえで大事なポイントとなります。

また、求人を探す上でポイントとなるのがストレスが多かれ少なかれ溜まる職場であるという事を把握し覚悟する事が必要となります。

経営者側と現場の看護師側と板挟みになる事や、現場の人間関係が複雑化する事等看護師業務の他にいろいろな問題を抱える事もあります。

そのため、苦労の多い職場であるので覚悟が必要です。しかし、ハードな職場である半面看護師としてのスキルアップをすることのできる職場です。

管理職は数が少ないと思われがちですが、大きい病院になるほど管理する人は増えて行きます。そのため、求人先の病院がどれくらいの規模でどのような職を置いているかを確認しましょう。

管理職の看護師求人を探す時の注意点

 

看護師求人を探す上での注意点としては多くの看護師を率いるリーダーとして働く心構えを持つ事が大切です。また、人間関係のトラブルに負けない強い精神力や大局的な見方、そして部下を平等に扱うなどの手腕が求められます。

さらに、役職が付くので求人をする際にチェック項目が増えるのもしっかりと把握したうえで応募する事が必要となります。仕事内容をしっかりと理解する上で、次に注意する点としては求人先の職場環境を把握する事です。

看護師の人数や年齢、看護師の勤務年数、前職の管理社の退職理由などできる限りの情報を集める事が大切です。

求人先に知り合いがいれば知りたい情報を知る事ができますが、求人先に知人がいないということの方が多いので、病院のホームページでスタッフの紹介ページを読む等あらゆる手段を使って情報収集を行いましょう。

求人先の内情を知ることで自分に合った職場か、就職した後にどのように仕事をしていけばいいのか等の対策に役立つのでなるべく多くの情報を集める事が重要です。

求人先に知人がいないと個人で情報を収集するには限度があるため、看護師求人サイトに登録して上手く活用することで詳しい情報を手に入れることもできます

看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師さんの多くは仕事やプライベートの事情によって、数回転職をするケースが一般的と言われています。さらに今は看護師さんが絶対的に足らない時代と言われていますから、今よりも好条件の職場へ転職しようと思ったそれなりに可能な状況でもあります。しかし、そういった状況だからこそしっかり自分のキャリアを考えてから動かないと、転職してから自分の求めている環境ではなかったと後悔することになりかねません。そこでせっかく転職するならちゃんと自分の求める環境へ転職するためのコツを覚えてから動けるように必要な情報を整理してみました。