透析室の看護師求人を探すポイント

透析室の看護師求人…転職のメリットについて

透析室の看護師は、患者に少しでも快適に透析を受けてもらえるような看護を心がけなければなりません。

患者の気持ちに寄り添うことを強く求められるこの仕事は、だからやりがいのあるものです。

それでは透析室の看護師への転職には、どのようなメリットがあるでしょう。

まず挙げられるのは、規則正しい勤務ができることです。

透析室は完全予約制なので、決められたスケジュールの中、日勤または準夜勤で働くことができます。

また多くが週休二日制を採用しているため、きちんと休養を取ることもできます。

この点家庭のある看護師にとっても、選択しやすい看護師求人といえるでしょう。

業務内容も、専門性は高いですが、機器の操作さえ覚えてしまえば、あとは手順通りに進めることができます。
機器自体も、医療ミスがないようコンピューター制御されています。

もちろん、わずかなミスさえないようにチェックは欠かせませんが、仕事は自分のペースで取り組むことができます。

また患者の健康を考え、いかに快適な生活ができるかをサポートする役割も担うため、看護師はじっくりと看護に取り組むことができます。
これこそがこの仕事のやりがいであるといえるかもしれません。

転職のデメリットについて

ではデメリットにはどのようなものがあるでしょう。

透析室には、同じ患者が長期的、定期的に通院してきます。

だから患者とも仲良くなりやすいのですが、反面、相性が悪いと思われてしまったり、仲がこじれた場合には、取り返しのつかない事態になりがちです。

透析治療を必要としている患者は、体調不良や食事・水制限などにより、イライラしていることがあります。

そのような患者とコミュニケーションを上手に取り、信頼関係を築くスキルが、一般病棟の看護師より強く求められるのです。

また、太い透析針を刺すのが、慣れるまでは案外難しいという点も挙げられます。

患者の中には、新入りの看護師が失敗すると、厳しく非難したり、他の看護婦との交代を要求する人もいます。

たとえこのような状況になったとしても、ストレスを溜めず、めげずに精進していく精神力も必要とされます。

看護師としてスキルアップがのぞみづらいことも、デメリットといえるでしょう。

一般病棟に比べ、専門性の高い職場である透析室ですが、その業務はルーチンワークになりがちです。

大きな総合病院や大学病院に務める看護師のように、働きながらスキルアップを目指すことは難しいでしょう。

透析室の看護師求人…その注意点

では透析室の看護師求人を探す場合、どのような点に注意すればよいでしょう。

この看護師求人では、まず何よりコミュニケーション能力が必要とされます。

というのも治療が長期に及ぶ透析の場合、体調不良から気難しくなる患者もおり、厳しい態度を取られることがままあるからです。

それでもめげることなく、患者と向き合い、相手の気持ちを理解しようとすることができるでしょうか?

患者とのコミュニケーションが上手くいかず、人間関係で思い悩んだ末に、職場を去る看護師もいます。

やりがいを求めて転職する前に、自分のコミュニケーションスキルを見つめ直してみましょう。

またシャントへの穿刺は、未経験者は失敗することが多いです。

苦情を言われることもあるでしょうが、これは勤めながら経験を積むうちに解決していきます。

必要以上に気負ったり、身構えなければ大丈夫です。

看護師求人で勤務時間や休日のチェックを忘れないことも大事です。

勤務時間が決まっていることが多い職場ですが、会社勤めの患者のために、夜遅くまで開業している場合もあるからです。

また、同じ患者と長くつきあうことになる職場なので、病院の雰囲気も、あらかじめ確かめておいた方がいいでしょう。