年休120日以上休みがある病院はどこ?看護師求人勤務先別ランキング

看護師求人で年休120日以上のところを探す

企業に勤務している場合、土日祝日が休みであれば120日前後ぐらいが年間休日日数になります。

それにプラスしてお盆休みなどの夏季休暇と年末年始の冬季休暇も含めれば、年間130日以上になることも珍しくありません。

中規模以上の企業であれば、年間休日は130日以上が多いです。しかし、2交代制や3交代制などの夜勤勤務も行っている看護師の場合は、勤務する病院によって年休120日以下のところも多いです。

看護師の人数が少ない職場であれば、有給休暇があっても実際には取得できないこともあります。

看護師は、昼間勤務である一般企業の会社員とは違い、長時間の夜勤勤務などの過酷な労働条件のなか働いているため、精神的にも身体的にも負担が強い職種です。

そのため、年休120日以上ないと慢性的な疲労感に悩まされることもあります。理想をいえば、年間休日は130日以上ある病院の求人を探すのがおすすめです。

年間休日が130日以上ある求人と探すポイントとしては、1000人以上の職員が働いている大手の病院や福利厚生が充実している大学病院や公立病院を選ぶのがポイントです。大手の病院の案件に強い転職サイトを登録するのがおすすめです。

看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師さんの多くは仕事やプライベートの事情によって、数回転職をするケースが一般的と言われています。さらに今は看護師さんが絶対的に足らない時代と言われていますから、今よりも好条件の職場へ転職しようと思ったそれなりに可能な状況でもあります。しかし、そういった状況だからこそしっかり自分のキャリアを考えてから動かないと、転職してから自分の求めている環境ではなかったと後悔することになりかねません。そこでせっかく転職するならちゃんと自分の求める環境へ転職するためのコツを覚えてから動けるように必要な情報を整理してみました。

医療現場以外での年休120日

看護師の活躍できる勤務先としては、病院などの医療施設以外でも看護師求人はたくさんあります。

そして、病院以外での勤務先には、年休120日以上の求人がたくさんあります。

一番、休日が充実している勤務先としては、学校の医務室や幼稚園などの職場です。学校の場合、土日祝日は休みのため、完全週休2日制になります。

そのうえ、夏休みや冬休みなどの長期休暇が学校や幼稚園にはあります。

しかし、保育園の場合は、その園の規定によっては夏休みや冬休みを開園していることもあるため、除外されます。子どもが好きな看護師には学校や幼稚園、保育園の医務室勤務はおすすめです。

しかし、病棟勤務とは違い、採用枠が少ないため競争率が高いです。そのため、学校関連の看護師求人を扱っている転職サイトを利用するのがおすすめです。

養護教諭の仕事、なるには、資格取得についてまとめ
養護教諭の仕事、なるには、資格取得についてまとめ
養護教諭とは小・中・高校に配属されるいわゆる「保健の先生」です。 学生時代、保健室で話を聞いてもらった方も多いのではないでしょうか。 ...

学校勤務の看護師案件は、ハローワークなどの一般公開で募集されることは少ないからです。学校以外では、一般企業の医務室勤務も人気があります。一流企業であれば、土日祝日は完全休日であることが多いうえ、夏季休暇や冬季休暇もしっかり取得できます。

また、収入面も夜勤勤務がある病棟勤務と同等の高い年収を稼ぐこともできます。

看護師求人に掲載される年間公休と年間休日

看護師求人には、「年間休日が120日以上」という休日がとりやすいイメージを前面的に出して、応募者を募っているものがあります。しかし、この年間休日は有給も含まれています。

実際に働くと有給制度があっても、人手不足で有給を申請できないケースもあり、実質の休日は120日以下の病院もあります。

そのため、求人に掲載されている年休120日という言葉だけに惑わされないように確認をしておく必要があります。実際の職場環境を知るには、転職サイトの担当エージェントに情報を教えてもらう方法があります。

看護師求人に特化している転職サイトのエージェントは、実際に求職者を紹介するために病院側の内部事情に詳しいため、休日の取得率にも詳しいです。

看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師さんの多くは仕事やプライベートの事情によって、数回転職をするケースが一般的と言われています。さらに今は看護師さんが絶対的に足らない時代と言われていますから、今よりも好条件の職場へ転職しようと思ったそれなりに可能な状況でもあります。しかし、そういった状況だからこそしっかり自分のキャリアを考えてから動かないと、転職してから自分の求めている環境ではなかったと後悔することになりかねません。そこでせっかく転職するならちゃんと自分の求める環境へ転職するためのコツを覚えてから動けるように必要な情報を整理してみました。

また、労働環境が劣悪なブラック求人を避けることも大事です。看護師の待遇が悪い病院の求人の特徴として、頻繁に求人を募集していたり、勤務している看護師の年齢層が20代の若い人や50代の年配の層だけで占められているようなバランスが偏っているなどの特徴があります。

また、平均勤続年数が3年未満のところも多いです。30代から40代の年齢層の看護師が少ないところは、休日がとりづらい可能性があります。