一般病棟の看護師求人を探す4つのポイント

一般病棟の看護師求人とは

 

近年の日本では高齢化にともない病院の数も増え看護師の数が不足していると言われているため一般病棟の看護師求人を探すのはそれほど難しくはありません。

しかし、自分に合った職場を探すためには職場の雰囲気や待遇、給与面について良く吟味してから病院を選ぶ必要があります。一般病棟の看護師求人を探すうえで注意するのは自分の希望する病棟があるか調べる必要があります。

病院によって病棟の名称や疾患の分け方も異なり、自分の望む疾患を取り扱う病棟がきちんとあるかを調べることが重要となります。また、就職しても希望の病棟へ配属されないということもあるため、その点でも確認しておくことが必要でしょう。

病棟の忙しさも選ぶうえでの大事なポイントとなります。求人票だけでは病棟の忙しさは分かりにくいですが、病棟の病床数、看護師数、手術件数、入院件数を聞いておくとある程度の忙しさを推測する事が可能です。

また、実際に病棟へ行き看護師の動きや、看護師同士のやり取り等を見に行く事も方法の1つです。看護師求人サイトを利用している場合は、担当のコンサルタントに確認して病棟の忙しさ等を聞くとスムーズに知ることができます。

看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師さんの多くは仕事やプライベートの事情によって、数回転職をするケースが一般的と言われています。さらに今は看護師さんが絶対的に足らない時代と言われていますから、今よりも好条件の職場へ転職しようと思ったそれなりに可能な状況でもあります。しかし、そういった状況だからこそしっかり自分のキャリアを考えてから動かないと、転職してから自分の求めている環境ではなかったと後悔することになりかねません。そこでせっかく転職するならちゃんと自分の求める環境へ転職するためのコツを覚えてから動けるように必要な情報を整理してみました。

一般病棟の看護師求人のメリットとデメリット

 

一般病棟の看護師求人のメリットとして看護師としてキャリアを積むことができます。内科や外科などの急性期疾患の治療を当たる病棟ではハードな職場だと言われています。

とても忙しい職場という事は早く仕事を覚える事ができ、さらに総合病院や大学病院等は最先端の医療に携わる事ができるため、新しい知識や技術を得ることができます。

そのため、病棟は将来へのキャリアアップに適した職場となります。また、病棟は忙しい職場なので新卒よりも即戦力のある看護師転職を歓迎してくれる病院が多い為、ベテラン看護師であれば好待遇での転職も可能となります。

また、夜勤もあるので給与が高くなるのもメリットの1つとなります。ハードな職場なのでキャリアアップに向いていますが、逆に言うとハードすぎるのがデメリットと言えます。夜勤や休日出勤は当たり前で、体調が悪くても急に休むことのできない職場です。

そのため、体力的にも厳しい職場と言えます。看護師は命を扱う責任の重い職場となるので信頼できる人材が求められています。従って看護師転職を頻繁に行っていると採用されにくくなる可能性があるので注意が必要です。転職回数が多いと不利になってしまいます。

一般病棟の看護師求人のポイント

 

病棟に転職できても職場が自分に合わず辞めたくなるようでは転職成功とは言えません。看護師転職を成功させるポイントとして自分の望む仕事が出来ているか、そしてやりがいが持てる仕事かどうかを確認する事です。

確認する方法として一般病棟で自分自身がどのような看護や仕事をしたいのか明確にして理解する事が必要です。そして病院の理念と自分の看護理念がマッチしているかも確認しておきましょう。

自分自身がやりたい看護や看護理念を確認した上で納得のいく給与や待遇であるかを確認します。しかし、このポイントを踏まえて職を探しても自分に合う病院を見つけるのは難しいと言えます。

そんな時は看護師求人サイトを利用すると自分の希望にマッチした職場を紹介してくれます。求人サイトに登録する事によって転職のプロからサポートを受けることができるだけでなく、非公式の好条件の求人を紹介してくれることも可能となります。

自分で職場を探すのが難しいと感じた場合は上手く転職サイトを利用して自分に合った病院を探してもらいましょう。看護師求人サイトなら転職が成功するまでしっかりとサポートしてくれるので安心して転職活動をする事ができます。

看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師さんの多くは仕事やプライベートの事情によって、数回転職をするケースが一般的と言われています。さらに今は看護師さんが絶対的に足らない時代と言われていますから、今よりも好条件の職場へ転職しようと思ったそれなりに可能な状況でもあります。しかし、そういった状況だからこそしっかり自分のキャリアを考えてから動かないと、転職してから自分の求めている環境ではなかったと後悔することになりかねません。そこでせっかく転職するならちゃんと自分の求める環境へ転職するためのコツを覚えてから動けるように必要な情報を整理してみました。