介護老人保健施設の看護師求人を探す3つのポイント

介護老人保健施設の看護師求人【転職のメリット】

介護老人保健施設に限らず、介護業界では看護師は慢性的に不足しています。

だからこれら施設への看護師求人は多く、ハローワーク等、様々なところで探すことが可能です。

しかし情報過多な分、自分に合った職場を見つけるのは、むしろ難しくなりがちだという問題があります。

そこで介護老人保健施設への転職について、メリット、デメリットを踏まえながら、注意点を挙げていきましょう。

まずはメリットについてです。

一番は、急性期病院ほど多忙ではないため、入居者一人一人と向き合いながら、しっかりとした看護を提供できることです。

他の介護施設と比べ、医療行為を必要とされることが比較的多いという面でも、看護師としてのやりがいを感じられやすいかもしれません。

給与の面についても、総合病院や大学病院には劣るものの、専門職としては十分な給料を得られるはずです。

同じ施設で働く介護士より、看護師の方が給料が高く設定されている場合がほとんどですし、夜勤がある職場なので夜勤手当もつきます、

夜勤も、必要とされる人数が少ないことから回数が少なく、楽に感じられるでしょう。

この点、子育て中の看護師でも働きやすい職場といえるかもしれません。

介護老人保健施設の看護師求人【転職のデメリット】

次にデメリットについてです。

まず、看護師としてやりがいを求めたり、キャリアアップを目指している人には、物足りなく感じがちな職場だという点です。

介護老人保健施設は、他の介護施設に比べれば、看護を必要とする場面は多いかもしれません。

しかし、一般の病院と比較した場合には、医療を必要とされる場面はやはり少ないのです。

これでは看護師としてのやりがいは、感じにくくなってしまうでしょう。

看護師としてのスキルアップのための研修や勉強会も、まずありません。

介護については学ぶことはできますが、看護師としてのスキルアップに繋がるとは言い難いでしょう。

将来病院へ転職した時、勤務経験がプラスとしてとらえられないケースすらあるのです。

様々な職種の人がいる職場なので、人間関係が難しくなるという面もあります。

介護老人保健施設は介護が主の職場なので、介護士や理学療法士など、他の職種の人たちと連携を取りながら働くことになります。

看護師がどこまで介護的な業務に手を出していいのかも、施設によって異なります。

だから介護士などと上手に連携を取りながら、バランスよく業務を進めていかなければ、余計な摩擦を生んでしまうこともあるのです。

転職に向けての注意点

では介護老人保健施設の看護師求人を探す場合、どのようなことに注意すればよいでしょう?

まずは看護師求人サイトに登録し、利用しながら求人を探すことです。

もちろんそのようなサイトに登録しなくても、仕事を見つけることはできます。

ハローワークでも、たくさんの求人を探すことはできるでしょう。

けれども人気の施設や、条件の良い優良な看護師求人は、応募の殺到を避けるために、非公開で求人されていることがあるのです。

このような求人を見逃さないためにも、介護老人保健施設の看護師求人に実績のあるサイトを選び、登録することが、よりよい転職の近道になるはずです。

看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師さんの多くは仕事やプライベートの事情によって、数回転職をするケースが一般的と言われています。さらに今は看護師さんが絶対的に足らない時代と言われていますから、今よりも好条件の職場へ転職しようと思ったそれなりに可能な状況でもあります。しかし、そういった状況だからこそしっかり自分のキャリアを考えてから動かないと、転職してから自分の求めている環境ではなかったと後悔することになりかねません。そこでせっかく転職するならちゃんと自分の求める環境へ転職するためのコツを覚えてから動けるように必要な情報を整理してみました。

看護師の人数や働き方なども、事前によくチェックしておきましょう。

このような施設では、介護士や理学療法士など、様々な職種の人と一緒に働くことになります。

彼らとどのように業務を分担することになるのか、あらかじめ知っておいた方が、転職後に戸惑わなくて済むでしょう。

また大きな病院に比べて、併設の寮や託児所がないところがない施設が多い点にも、注意が必要です。

ただ住宅手当や育児手当などで補充している施設もあるので、この点もよくチェックし、自分に合った職場を見極めましょう。