電子カルテありの看護師求人の探し方と転職する際に注意すること

看護師求人でよく聞くカルテの電子化について

看護師求人や転職サイトの案件の記載項目に「電子カルテあり」という文章を目にする機会が多いです。カルテとは、簡単に言うと患者さんの病歴や治療に関する記録表のことをさします。

医師が患者さんに投与した薬の種類や量、診察したときの症状、処置方法や検査方法などが書かれています。別名「診療録」とも呼ばれています。

以前は紙でカルテを管理していましたが、電子化したカルテで治療を管理する病院が増えています。これは、電子カルテの方が、医師や看護師がデータを共有化して医療ミスを防ぎやすいなどの利点があるからです。

それ以外にも、カルテを電子化することで会計事務や医事などの事務作業が効率化することができ、人件費や事務経費を削減することもできます。厚生労働省も電子カルテの導入を推奨しています。

2013年代では2割以上の医療施設で電子化が進んでおり、400床以上の病院の7割以上がカルテを電子化しています。大規模な病院ほどカルテの電子化は進んでいます。

カルテを電子化するには、ある程度の設備に関する資金がかかるため、小規模な病院や設備投資までお金をまわせない施設では紙でのカルテが使用されていることも多いです。

看護師求人の電子カルテありの案件ではITスキルが必要

看護師にとってカルテの電子化は、紙のように膨大なカルテの中から、一人の患者さんのカルテを探すような手間や時間を省略でき、業務が迅速に進むのが魅力です。

転職活動を行うときに就職先の条件の一つに電子カルテを使用していることを望むのであれば、「電子カルテあり」という項目欄で検索ができる転職サイトを利用するのがおすすめです。

転職するときの注意点としては、電子カルテといっても、病院によって導入しているITシステムは違う場合もありますので、前職で電子化されたカルテで仕事を行っていたとしても、新しい職場のカルテのシステムにすぐに慣れるとは限らないです。

そのため、看護師求人サイトのエージェントに応募を考えている病院の電子カルテの種類や操作方法について確認しておいたほうがよいです。

また、現在カルテを導入していなくても、近いうちにカルテを電子化する病院もありますので、収入や休日面などのほかの条件が揃っているのであれば、カルテが電子化していないからといって、候補から外すのはあまり得策ではありません。ITに慣れていない看護師には、IT講習を行ってくれる看護師求人サイトのサービスを利用するのがおすすめです。

看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師さんの多くは仕事やプライベートの事情によって、数回転職をするケースが一般的と言われています。さらに今は看護師さんが絶対的に足らない時代と言われていますから、今よりも好条件の職場へ転職しようと思ったそれなりに可能な状況でもあります。しかし、そういった状況だからこそしっかり自分のキャリアを考えてから動かないと、転職してから自分の求めている環境ではなかったと後悔することになりかねません。そこでせっかく転職するならちゃんと自分の求める環境へ転職するためのコツを覚えてから動けるように必要な情報を整理してみました。

看護師のカルテの電子化で気をつけること

看護業務において、カルテの電子化は作業効率をかなり飛躍させる便利なシステムです。しかし、その便利性に反比例して、扱う看護師の意識が低いことが現在問題になっています。

通常、カルテに入力作業を行うのは、看護師よりも医師が行う頻度が多いです。しかし、看護師も看護記録などをカルテに入力することもあり、閲覧回数も多いです。

カルテには患者さんの過去の病歴や病気の進行度合い、投薬内容など個人情報がたくさん書かれています。簡単にパソコンで個人情報を閲覧できるためにその情報を外部に漏らしてしまう看護師の事件も増えています。

大規模な病院ほど扱っている患者さんの個人情報に関する危機管理が強いため、その点についても意識を高めておいた方がよいです。具体的には、必要以上にカルテを閲覧しない、休憩時や席を外すときには必ずカルテ画面を終了させておくなどがあげられます。

また、IDやパスワードの管理も大事です。紙のカルテに慣れてきた看護師ほど、電子化されたカルテの取り扱いには注意した方がよいです。看護師求人では、電子化されたカルテで業務を行ってきた経験は採用時に有利になりますので、アピールしておいたほうがよいです。