配置基準7:1看護師求人の探し方と転職する際に注意すること

看護師求人の配置基準7:1とは

看護師求人で配置基準という言葉をよく目にすると思いますが、これは入院している患者と看護師の比率ということになります。

つまり、働いている時に看護師1人につきだいたい何人の患者を担当するかということが看護師求人での配置基準ということです。

配置基準7:1であれば、患者7人を1人の看護師が担当するということですが、これは実際に7人の患者を受け持つという意味ではなく、だいたいそれくらいの配置基準となるというその病院での忙しさの基準となります。

配置基準7:1というのは、病院での勤務としてはちょうどバランスの取れた配置基準だと言えます。

これより看護師の数が多いと給与が普通よりも低く設定されている場合がありますし、少ないと激務となる可能性が高くなります。

なので、配置基準7:1という看護師求人は転職先を選ぶ基準としては良い基準だと考えることができます。もしも転職先の条件を給与面や忙しさなどの基準の中でどうすれば良いかわからないのであれば、配置基準を目安にして転職先を選ぶと病院のことがわかりやすくなるでしょう。

その際に注意すべきことは、配置基準が目安となるだけで実際の業務内容ではないということです。

配置基準の重要性について

看護師求人で配置基準を目安にすることはとても大切なことです。病院での業務というのは基本的に入院している患者への対応が主となります。

その際に看護師1人が何人の患者を受け持つのかということは業務の忙しさの基準となり、転職先を選ぶ目安にできます。配置基準7:1というのは看護師1人につき7人の患者を受け持つということですが、これは全体的に見て給与と忙しさのバランスが良いと言えます。

配置基準は病院によって違いますが、看護師1人につき15人であったり10人である場合や3人の所もあります。15人や10人だと、病院での業務内容にもよりますが比較的忙しい可能性が高いです。

その代わり給与の面で優遇されていることも多いですが、その分忙しいということは頭に入れておいた方が良いでしょう。

看護師1人につき3人の患者を受け持つという病院のところもありますが、この場合は1人の患者に対する対応にかなり時間をかける必要があるという可能性があります。

対応する患者の人数が少ないからといって楽な業務という訳ではなく、1人に対するケアを徹底的にしなければならないのであれば人によっては思っていた業務と違ったと感じるかもしれません。

配置基準7:1の看護師求人を探す際の注意点

配置基準7:1の看護師求人を探す際に注意すべき点はいくつかあります。まず、配置基準によって業務の忙しさが確実にわかる訳ではないということを理解しておきましょう。

例えば療養病棟や精神病床では通常の看護師の業務内容とは大きく異なります。そのため看護師1人に対する患者の人数も25人であったり20人ということもあります。

これは業務内容が通常よりも楽な分たくさんの患者を受け持つことができるという意味で、バランスとしては通常の病院での業務とあまり変わりません。なので、忙しくない病院へ転職したいのであれば、配置基準というよりも療養病棟や精神病床を選ぶというのも選択肢として考えることができます。

配置基準を目安にすることで大まかな給与面と忙しさのバランスを知ることができますが、もっと転職先の情報を知りたいのであれば看護師求人サイトに登録することをおすすめします。

看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師さんの多くは仕事やプライベートの事情によって、数回転職をするケースが一般的と言われています。さらに今は看護師さんが絶対的に足らない時代と言われていますから、今よりも好条件の職場へ転職しようと思ったそれなりに可能な状況でもあります。しかし、そういった状況だからこそしっかり自分のキャリアを考えてから動かないと、転職してから自分の求めている環境ではなかったと後悔することになりかねません。そこでせっかく転職するならちゃんと自分の求める環境へ転職するためのコツを覚えてから動けるように必要な情報を整理してみました。

専門のコンサルタントに相談することで実際の業務内容や病院の雰囲気などをより詳しく知ることができます。

もしも希望している転職先の条件がはっきりしているのであれば条件に合った病院を探してもらえるので自分で探すよりも効率的ですし、質の高い情報が得られます。