夜しっかり家に帰れる!既婚者に最適な看護師求人勤務先別ランキング

既婚者向けの看護師求人について

家事や育児との両立を行わないといけない既婚者の看護師の人にとって、夜勤勤務や土日休みの職場は非常に魅力的です。

看護師の求人には、夜勤勤務がない昼間だけの勤務のものや土日も休めるものもたくさんあります。具体的には、病棟勤務であれば、日勤勤務だけの「日勤常勤」という求人があります。

日勤常勤は、日勤のみで働けるうえに、非常勤ではなく常勤として雇用されるため、昇給や賞与、産休や育休などの福利厚生の恩恵も受けられるため、既婚者の看護師の間では注目されている勤務方法です。

以前は、パートやアルバイト、派遣などの非常勤の形でしか日勤のみの働き方はできませんでしたが、最近は看護師が結婚後も病棟で働き続けることができるように日勤常勤での勤務体制を導入する医療施設も増えてきています。

看護師求人に特化した転職サイトでは、日勤常勤の求人の募集がたくさんあります。また、結婚や出産などで長い期間、看護職から離れていた人が復職しやすいように復職支援制度が設けている病院も増えています。

支援制度は、入職してもしばらくの間は、採血などの研修を行ってもらえたり、受付などの簡単な業務を振り分けてもらえる配慮をしてもらえる制度です。

産業看護師は既婚者にもおすすめの看護師求人です。

既婚者の看護師に人気がある職場として、一般企業で看護師として働く産業看護師の求人です。産業看護師には、一般企業の保健室勤務と製薬会社で新薬の開発に携わる治験コーディネーターや治験モニターとして働く形があります。

どちらも土日休みの一般企業で勤務するため、ほかの社員と同じように労働時間は朝から夕方までで病院のような夜勤勤務はありません。また、土日祝日だけでなくお盆や年末年始、GWなどの長期休暇も社員と同じように取得できます。

そのため、家族と休日を一緒に過ごしたい既婚者の看護師には人気があります。産業看護師を募集している企業の多くは、大手企業であるため、産休や育休、介護休暇などの福利厚生は大きい病院勤務と同じくらい手厚いうえ、給料も高く設定されているので大変人気があります。

随時募集されることはないため、求人自体があまり目にすることがないのが欠点です。産業看護師として働くことを希望するのであれば、一般企業の看護師求人に強い転職サイトに登録しておいて募集があれば、すぐに応募できるように前もって準備しておいたほうよいです。

産業看護師は、デスクワーク作業が多いため、パソコンスキルも必須になります。

看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師さんの多くは仕事やプライベートの事情によって、数回転職をするケースが一般的と言われています。さらに今は看護師さんが絶対的に足らない時代と言われていますから、今よりも好条件の職場へ転職しようと思ったそれなりに可能な状況でもあります。しかし、そういった状況だからこそしっかり自分のキャリアを考えてから動かないと、転職してから自分の求めている環境ではなかったと後悔することになりかねません。そこでせっかく転職するならちゃんと自分の求める環境へ転職するためのコツを覚えてから動けるように必要な情報を整理してみました。

子育ての経験を活かせる保育園の看護師求人

結婚して、育児や介護などの経験を看護師として働くときに活かすこともできます。子育て経験がある看護師の方におすすめなのが、保育園勤務の求人です。

保育園の看護師求人は、まだまだ少ないですが、子どもが好きな人にはおすすめの案件です。保育園勤務の場合は、保育園のシステムによって違いますが、夕方以降の勤務は少なく、土日祝日も休みであることが多いです。

デメリットとしては、保育園の運営費は国や市などの公的機関からの運営費や保育料から成り立っており、あまり利益を出すことができないため、勤務する保育士や看護師の給料は少ない傾向があります。

病院やクリニックなどの医療施設勤務に比べると給料は低くなることは避けづらいです。介護の経験を活かすのであれば、デイサービスや老人ホームでの勤務がおすすめです。

介護施設の入居している患者さんは、病棟のように重症患者は少ないため、容体が急変したり、急患が運ばれてくるような緊急事態に出会うことは少ないです。

そのため、家事や育児にエネルギーを注ぎたい既婚者の看護師には、働きやすく人気があります。デメリットとしては、介護作業の方がメインになるため、看護スキルが低下しやすいことです。