必見!高給与の看護師求人勤務先別 ランキング

看護師求人で高給与が望める「夜勤専従」

看護師は常に求人があるため、転職はしやすい職種です。

年収もほかの女性が就いている職種の中ではかなり高年収な職種になります。

しかし、看護師求人でも同じ業務内容であるにもかかわらず、所属する病院の規模や雇用形態によって給料は大きく変わってきます。

看護師求人の中でも高給与が望めるものとして「夜勤専従」の仕事があげられます。病棟に勤務する看護師の場合、夜勤勤務があります。

その夜勤勤務をするたびに手当がつきます。

2交代制や3交代制で日勤や夜勤をシフト制で行う看護師が1回の夜勤で支給される手当は、2交代制の場合は1万前後で、3交代制の場合は准夜勤4千円前後、深夜勤は5千円から6千円ぐらいです。

しかし、夜勤専従の場合は、1回の夜勤勤務で3万前後が支給されます。

また、月に勤務する出勤日数は日勤勤務がある看護師よりも少ないです。労働日数が少ないうえに2交代制や3交代制で働いている看護師よりも高給与が望めます。

以前は、夜勤専従の仕事は、派遣や非常勤での雇用が一般的でした。

しかし、最近は常勤で夜勤専従の求人を募集している病院も多いです。常勤の夜勤専従なら、賞与や昇給、産休などの福利厚生も充実させることもできます。

クリニックや診療所での高給与が望める看護師求人

病院勤務を希望する場合は、大学病院や公立病院などの規模が大きい病院ほど給与が高い傾向がありますので、大手の病院とのつながりが強い転職サイトを利用するのが高給与の求人に出合える確率が高いです。

看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師転職サイトを上手に使った自分の希望する職場へ就職する方法
看護師さんの多くは仕事やプライベートの事情によって、数回転職をするケースが一般的と言われています。さらに今は看護師さんが絶対的に足らない時代と言われていますから、今よりも好条件の職場へ転職しようと思ったそれなりに可能な状況でもあります。しかし、そういった状況だからこそしっかり自分のキャリアを考えてから動かないと、転職してから自分の求めている環境ではなかったと後悔することになりかねません。そこでせっかく転職するならちゃんと自分の求める環境へ転職するためのコツを覚えてから動けるように必要な情報を整理してみました。

しかし、既婚者や小さい子どもがいる看護師の場合は、夜勤勤務がある病院での勤務は、家事や育児と仕事の両立が難しい面があります。

病棟勤務の中には、夜勤勤務がない日勤のみの働き方もありますが、日勤のみの場合は夜勤手当がない分、給与が下がることを覚悟しなければいけません。

しかし、クリニックや診療所の看護師求人であれば、外来診療がメインのため、夜勤勤務はないのが一般的です。

クリニックや診療所で高給与の案件を探すのであれば、美容外科のような自由診療が治療の中心になっている診療科を選ぶのがポイントです。

自由診療は、健康保険対象内の治療とは違い、診療の金額を自由に決めることができます。

そのため、利益が出やすいため美容外科クリニックは、医師や看護師の給与がほかのクリニックや診療所に比べると給料や賞与が高く設定されていることが多いです。

もちろん、クリニックによっては経営状況が悪く、給与も低い案件もあります。

看護師求人で医療施設以外の案件

看護師の転職先といえば、病院やクリニック、診療所などの医療施設が中心になります。

しかし、医療施設以外にも看護師の求人がたくさんあります。医療施設以外での看護師が活躍できる就業先としては、介護施設や訪問看護ステーション、保育園などがあります。

医療施設以外の就業先のデメリットとしては、大規模な病院の求人に比べると仕事内容は楽な反面、給与が全体的に低い傾向です。

しかし、医療施設以外の就業先でも病棟勤務と同等の高給与で勤務できる案件もたくさんあります。

求人数自体は少ないため、競争率が高いのが欠点ですが、一般企業の医務室勤務の看護師求人があります。

産業看護師と呼ばれる一般企業で看護師の資格や経験を活かす仕事です。一般企業の医務室勤務の場合は、社員の健康管理が中心になります。

一般企業の社員が相手のため、労働時間は朝から夕方までが基本で、夜勤はありません。

所属する会社が土日祝日休日であれば、カレンダー通りに休むこともできます。

大手企業の医務室勤務であれば、賞与や昇給も社員と同等の扱いを受けるため、夜勤がなくても高給与が望めます。医務室勤務以外では、製薬会社の治験コーディネーターや治験モニターなどがあります。